2014-08-28

夏の終わりの写真展 in ネルニエ


この頃は日が短くなり、天気も変わりやすく、そろそろ夏も終わりといったところです。


最初の2枚の写真はうちの町の役場前とその横の教会前の花飾り。ちょっとやり過ぎ感がなきにしもあらずだけど、夏を忘れたくないという思いが感じられる作品のような気もします。


さて、本日から夫の写真展が隣町でスタートしました。
昨日と今朝で搬入などなどを済ませ、午後からオープン。夏休み期間とはいえ、平日の午後どんなもんかいな?と思ってたけど、思いの外たくさんの人が来てくれ、温かいコメントをいただけました。

日本人の友人も早速かけつけてくれ嬉しかった〜。


この写真展は「水鏡」をテーマにして、水辺の写真を40余点展示したもの。この夏に日本に帰った際に書道の師範である叔父にお題を書いてもらい、それを会場にも飾らせていただきました。


写真展用に作成した写真集の裏表紙にも使用させていただいてます。

写真は日本で撮影したものばかりではなく、各国で撮影した水に関連した作品が並んでいます。お近くの方でお時間のとれそうな方々はぜひご来場ください。9月3日まで続いています。(こちらのリンクをご参考にしてください→






最後まで読んでくださってありがとうございます。 
明日の午後6時からはオープニングパーティーです。うまく立ちまわれるかちょっと緊張しております。。
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-08-26

シャトーレストランで記念日ディナー


3回目の結婚記念日を迎えた週末にディナーをいただいたレストランはこちら。お城をレストランに改築した「Ô Flaveurs」です。

夜8時でまだこれぐらい明るかったですが、この頃は日が短くなってきて、日の入りは夜の8時半前。日の出は朝の7時前です。(夏が終わるのはやはり寂しい、)



レマン湖から離れた側の隣町にありますが、この一角だけ古い町並みが保存されているようで、雰囲気のいいところです。レストランの背景には小規模ですがワイナリーまであります。


店内はいくつかの部屋に分かれているようで、私たちが案内されたお部屋はこんな感じのインテリアでした。


ここは間違いなく高級レストランの枠に入るレストランだと思いますが、まず席につくと勧められる食前酒。雰囲気に呑まれて?オレンジワインなるものを注文。白ワインにオレンジピールを漬けた自家製とのこと。後にこの食前酒には驚かされることとなります。


料理はご覧のとおり盛りつけも素晴らしく、もちろんどれも美味しかったです。左上から順番にサーブされました。左下のメインの肉はなんと鳩肉。生まれて初めて食べた鳩の肉はレバーに似た味でした。美味しかったけど、既にお腹がいっぱいになりつつあったので、半分にしました。その後(右隣)のチーズがやっぱり私には重かった。特に一番奥にあるブルゴーニュチーズはワインに合わせて頼んだけど、強すぎる味!ビックリしちゃいました。こんな強い味のチーズがあるなんて。

食べ物の指向を最初に尋ねてくれていたので、チョコレートではないデザートがやってきました。ベリー味のスフレ。これ、とーっても美味しかったのに、チーズにやられた胃がどうにもならず、半分しか食べられなかった、残念、、。最後に胃に優しいハーブティーをいただいて多少は落ち着きましたが。

サービス、味、雰囲気すべてのレベルが高く、満足度ももちろん高いレストランでした。


日が暮れて夜になるとまた違った表情を見せてくれる入り口。



さてさて、帰る前には支払わなくてはならないお会計。ここで、最初の食前酒に驚き!2杯でなんと32ユーロ。1杯16ユーロですと?いいランチが食べられそうだ〜。

それでもいいレストランでした。また機会があったら(こういう記念日限定だけど、)行きたいです。

Ô Flaveurs
Route de Crépy
74140 DOUVAINE, France
Tel: +33(0)4 50 35 46 55
火・水休




最後まで読んでくださってありがとうございます。 
今回のディナーで改めてアルコールを消化できない体質だと悟りました。さみしい気もするけど、アルコール無しの方が食事が楽しめそう。
クリックしていただけると嬉しいです♪ 


2014-08-20

3回目


今日は私たち夫婦、3回目の結婚記念日。
正直、まだ3年しか経ってなかったっけ?というぐらい、もっと長く一緒にいる気がしています。

今日は平日なので、記念のディナーは週末に取っておいて。
でもいつものように花束は忘れずに買ってきてくれました。あじさいが入った花束を初めて見たけど、1輪だけでも豪華に仕上がって素敵です。

これ以外にサプライズでイヤリングもプレゼントしてくれました。
昼休み中にどこかに行っていた、と電話で聞いた時に既にサプライズではなくなっていたけど。でもレストランで渡すということはしたくなかった、とのことで記念日当日にいただきました。早速その新しいイヤリングに付け変えました。いい感じ♪

少し慌ただしい日々ですが、このように元気にしております。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
今回の花屋さんのセンス、とっても好きだな~。花束のラッピングもかっこよかったし。こういうとこ、おふらんすイケてます。
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-08-09

ぼくじゃないよ


写真を整理していたら、今年の初夏あたりに撮った写真が埋もれていました。今の季節はこんな感じではないと思いますが、これはこれで可憐な雰囲気の窓辺でいい感じです。


この2枚の写真を撮ったのは隣の隣の小さな観光地イヴォワール。中世の街並みが残り、可愛らしいお店が並ぶレマン湖沿いの美しい村ということで夏の時期は大賑わい。いつ通っても夏は駐車場がいっぱいになっています。なのでこのような静かな雰囲気ではないけど、この辺りに来たならやっぱり見逃せない村だと思います。


今よく見かけるこの辺りの風景はこんな感じ。(写真がイマイチですが)
このわらの塊、英語で"Bale of straw"と言うことがようやくわかったんですが、日本語ではやっぱりよくわからず。日本でこの塊が作れるのって北海道ぐらいしかなさそうな気が、、、。この小麦を刈り取った後のわらの塊が並んでる風景、結構好きです。これに羊とひまわりが加われば、lizのお気に入りワールドの出来上がりだね、とは先日夫が私に言った言葉でした。(余分情報でした、、)



さて、今朝、あれこれお店を周っていた時、インテリアのお店でお父さんと子供3,4人ぐらいの家族がいて、ちょうど子供の目が届く場所にカラフルな陶器の置き物があったようで、子供の注意がそこにいった瞬間、

「カラン、カラーン。」と何かが割れた音。

私には音だけしか聞こえなかったので、子供のうち誰が触っていたのかはわかりませんでした。彼らのお父さんはすぐさま壊れた商品を集めて、すぐそばにあったレジへ。先客がいたのでお父さんと子供たちはすぐ後ろで待っていました。その間、真ん中のお兄ちゃんらしき男の子が、

「ぼくじゃないよ、パパ。"C'est pas moi, Papa."」と訴えるようにつぶやきました。たぶん一番下の女の子が触っちゃったのかもしれないけど、そこまでは言わず、でも「ぼくじゃない。」ということだけは伝えたかったのかな?その訴え方がものすごくかわいくて何だか愛おしかったです。あれぐらい(4,5歳ぐらい)の男の子って妙にかわいいと感じます。ちなみにお父さんはその訴えには何も答えず、私たちも特に買う物がなかったので、そのまま出てきてしまってその後どうなったかはわからないけど、彼の訴えは通ったのかな?

ちょっとキューンとした一瞬でした。



最後まで読んでくださってありがとうございます。
子供が話すフランス語って少し舌っ足らずでメチャメチャきゃわゆい!クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-08-02

花のジュネーブ


先日、じつに久しぶりにジュネーブに行ってきました。日本から戻ってきて既にひと月以上が過ぎていたけど、その間ずっとジュネーブに行ってなかった私。夏のわが家が居心地がいいこともあるけど、単に特別な用事がなかっただけですが。(ってこの日も特に用事はなかったけどね。)

この日はどんより曇り空で、午後からは雨がしっかり降り出し、お出かけにはふさわしくなかったこともあって、花の写真ばかり撮っておりました。あじさいなら雨でも似合う花ですね。


旧市街の窓辺にあった花飾り。


水辺の花飾りもあちこちきれいでした。



さといもの葉っぱのような大きな葉はアレンジに使えるんですね~。


この日、町のあちこちで見かけた緑のベンチ?今年の夏のジュネーブを飾るもののようですが、この上に登って写真を撮っている人を何人か見かけました。そういう人はおそらく観光客なんでしょうが、一応ジュネーブも夏には観光客が結構いらっしゃるんです。日本人のグループも見かけたし。

でもそんな観光客の人には気の毒なぐらい街中工事だらけ。こんなに工事中なことあったっけ?というぐらいそこら中でとんかちやってて、せっかくやって来たジュネーブの印象があまりよくなくならないといいのだけど、と余計な心配しちゃいました。

来る人よりもバカンスに出かける人の方が多いから夏の間に工事するのかな?


最後におまけ・・・


旧市街のギャラリーにスイスの英雄・ロジャー・フェデラーのイラストが飾ってありました。大ファンなので思わず撮ってしまいました。今年のウィンブルドンは残念でしたが、本人まだまだやる気のようなので、今後も応援しますよー!



最後まで読んでくださってありがとうございます。
何も用事がなかったのに、珍しく一目ぼれしたかばんをゲットしちゃった。やっぱり出かけてよかった♪
クリックしていただけると嬉しいです♪


2014-08-01

写真展案内で観光局めぐり


前回の太宰府旅行記から少し時間が経ってしまいましたが、間があいたついでに近況に関して書いていきたいと思います。

本日8月1日はスイスのナショナルデーということで、ジュネーブ勤務の夫はお休み。もちろんフランス側は通常どおりなので、これを狙って書類関係の手続きを済ませようとトノンへ行ったのですが、少しだけ出遅れたからかものすごい待ちの人々。それなのに担当はひとりしかいないから待てど暮らせど順番は回って来ず。そんな状況でもしっかりお昼休みはとるので、とても待っていられず、別の機会を探すことにしました。


うちからトノンは20kmぐらいの距離ですが、この機会を活かそうと、あちこちの町めぐり。そのひとつが今回の写真全てにあるエヴィアン。今日は久しぶりにすっきり晴れて、気温も高く、午前中でも多くの人で賑わっていました。


上の写真では見にくいですが、教会の周りがマルシェになっていたのも多くの人手の理由かと思われます。

今日は各町の観光局を周っていたので、エヴィアンでも近くの駐車場を探したけど、なかなか見つからず、少し離れたところへ車を停めました。


観光局へ向かう途中の小さな一角にちょっとしたアジア的な広場を発見。これはこれでなかなかいいじゃないですか?他にも写真を撮っている人がいました。



同じ一角にあったヨーロッパ的なガーデン。やはりこちらではこういうデザインの方がしっくりくるかも。アジアな庭園は湿気が必要な気がします。


さて観光局めぐりをしていた理由は、今月末から1週間ほどの短期ではありますが、夫の写真展が隣町のネルニエで開かれるので、そのポスターとフライヤーを置いてもらうために近隣の町の観光局をあちこち訪ねて周ってきたんです。どこも感じ良く引き取ってくれてよかった♪効果があるかどうかはわからないけど、何もしないよりはマシなのでね。

写真展は「水鏡(みずかがみ)」をテーマにした写真40作品ほどの展示となります。近郊の方々、お時間ありましたら観光がてらお越しください。


写真展「水鏡」
ネルニエにて
8月28日から9月3日まで
平日:午後1時から8時
週末:午前10時から8時
http://www.olivierrobert.com/mizu-kagami-nernier-2014/ 




最後まで読んでくださってありがとうございます。
今年の夏はある意味こちらの夏らしく、晴れの日・暑い日は続かないようで。なんだかさみしい・・・
クリックしていただけると嬉しいです♪


UA-68325954-1